クルールあさひかわ

2016.03.10

今日も子育て Vol.5

nanakamado.png

自分にOK出していますか?

 

 先月はこの欄で、承認とは子どもの自発的な発言や行動を認めてあげることだと書きました。そしてパパへの承認もお薦めしました。さらにもう一人承認してほしい人がいます。それはママである自分自身です。
 また怒っちゃった。やろうと思っていたことができなかった。こんな育児でいいのかな?ダメなお母さんだな。そうやって自分のできなかった部分ばかりが目について落ち込むときは自分を承認。その時はできなかった、ダメだったって思ったとしても、ちゃんとできていることもあるはずです。自分のダメな部分ばかりが目につくときは、できていることも取り上げてみませんか?1冊だけど絵本を読んであげられた。子どもにおやすみって笑顔で言えた。子育て中はそれさえも困難なときもあるので、そんなささいなことでいいと思います。今の自分にできることができていたらそれでOKをだしてあげませんか?
 誰もがそれぞれの環境の中で生活していて、できるできないもその環境や状況に左右されるもの。心も時間も余裕があれば子どもとじっくり向き合えるし、家事もバッチリできるでしょうが、どうしてもできないときだってあります。頑張って休んで、頑張って休んでの繰り返しでいいと思います。まずはそうやって自分の心のバランスをとっているうちに、イライラも少しは減るかもしれません。ちなみに私は、夕食後の片付けが疲れてできない日は無理してやらずに翌日へまわし、「片付けなかったけど子どもと一緒に寝てあげられた」と自分を許します。
 今はネットで育児情報が簡単に手に入ります。このコラムも育児情報の一つかもしれません。その情報に戸惑ったり、振り回されることがあるかもしれません。でもその情報が正しいか間違っているかではなく、自分がどうしたいのかだと思います。それと子どもが笑顔でいられるかどうか。子育ては子どもだけでも、親だけでもできません。本に書いてあるようにできない、ママ友のようにできないなんて気にせずに、今の自分と子どもをちゃんと見つめてあげてほしいなと思います。
 
クルールあさひかわ・きたみ版 編集長
㈱コーチングプラス認定 子育てコーチ
金井 美由紀
 
 
2016年3月4日 北海道新聞旭川支社「ななかまど」に掲載
 
 
coaching01.png
loading…

PR おすすめ情報

ページの先頭へ戻ります